一般的に、健康保険は美容目的の治療は使うことができないとされています。健康保険が適用されるのは、医療用レーザーでのしみ治療は該当するものでしょうか。結論から言うと、しみ治療で健康保険は使うことは可能です。ですが、しみ治療には幾つかのやり方がありますが、全てに健康保険が使えるわけではありません。しみ治療を医療機関で受ける場合、大別すると3パターンのしみ治療方法が存在しています。塗り薬を使う方法、飲み薬を使う方法、そして、医療レーザーでしみを除去する方法です。内服薬の摂取でしみを治療する方法か、医療用レーザーでのしみ治療が、健康保険の適用範囲になります。もっとも、医療用レーザーを使えば保険が使えるというわけではなく、保険が可能なレーザーは一部です。一部の治療とは、厚生労働省が許可しているかどうかという点と、シミなのかあざなのかという点です。厚生労働省は健康保険が適用できる医療用レーザーを指定していますので、それ以外の機種を使うと保険は適用されません。最近は、レーザーを用いたしみ治療が可能な施設は数多く存在していますが、厚生労働省が許可している機器はごくわずかです。太田母斑のあざや、外傷が原因で色素沈着になってしまったという診断でない限りは、健康保険が適用されることはありません。