メイクの方法を工夫して、若返り効果を目指しているという人は大勢います。年をとるごとにお肌の状態は変わっていくものですので、どんな化粧がいいかはその時々で変わります。普段何気なくしているメイクの方法を少し変えることで、今までとは違った印象を与えることができます。まず大切なのは、自分のメイクを見直してみることです。ずっと同じような化粧の仕方をしているという人は、メイクが原因で年をとって見えている場合もあります。特に人が老けを感じる部分というのが、肌に関してです。年をとって見える理由に、ファンデーションの色が白すぎたり、コンシーラーを使いすぎたりするということがあります。塗りすぎは逆効果にしかなりません。シミや、しわが目立たないようにファンデーションをつけすぎると、首と顔の色差が見えやすくなります。大切なのはファンデーションではなく化粧下地です。化粧下地は首まで塗ると境目が目立たず自然に仕上げることができます。くすみが気になる方はピンク系の下地を、赤ら顔やニキビ跡のカバーはグリーンの下地を使ってみると随分と印象が変わると思います。くま、たるみ、くすみが茶色っぽく見える時にはオレンジ色の下地を使うなどして、肌に合わせたメイクを施すことが重要になってきます。若返りに役立つメイクは、肌の状態をよく観察して、適した化粧下地を使い分けることが効果的な方法です。